離婚訴訟を起こすこととは

Category : カテゴリ[離婚訴訟]

夫婦での話し合いでも折り合いがつかず、家庭裁判所での離婚調停でも話し合いがまとまらない場合には、離婚訴訟を起こすことになります。
強制力を持たずにあくまで話し合いにより妥協点を探る離婚調停とは異なり、離婚訴訟を起こすことになると判決が強制力を持つことになります。
ですからどんなに相手が離婚を嫌がっても、離婚という判決がでれば離婚することができるようになります。
しかしはがら相手と会わないように等の配慮が行われる調停とは違い、公の場で行われるので精神的にも肉体的にも負担が強いられます。

また離婚訴訟を起こす場合には、訴状を作成する必要があります。
訴状の作成には法律的な知識が必要となるために素人一人では訴訟を起こすことは無理であり、弁護士に依頼する必要があります。
弁護士に依頼するとなると裁判にかかる費用だけでなく、弁護士費用も必要になってきます。
金銭的な負担が大きく、もし裁判の結果で敗訴になってしまうと、何も得られず精神的・肉体的・金銭的負担が自分一人にだけかかることになりますので、慎重に進める必要があります。

また離婚訴訟を起こすためには、離婚に至る決定的な原因が必要になります。
婚姻生活を維持することができなと判断されるような原因がなく、何となくといったわがままでは離婚が認められません。
離婚の原因としてあげられるものには、配偶者に不貞行為があること・配偶者から生活を維持するための扶助や協力を得られないこと・3年以上生死がわからない(この場合にはいきなり訴訟を起こすことも可能)そのほか暴力や浪費など生活を維持していくことが困難なことがあります。
確たる原因がなくては訴訟を起こしても意味がありません。

Post a comment

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans
気分も髪も若返る Top